てんかんについて

■てんかん発作が起きたらどこを観察するのか

てんかん発作が起きると驚いて何をしたらいいのか分からなくなってしまうことがあると思いますが、まずはどのような様子か発作時の様子をしっかりと観察することが大切になってきます。

観察するポイントをいくつかあげますので抑えておきましょう。
①どのように発作が起きたのか把握する
 ・どこで、何をしているときにおこったのか
 ・ケガをしたり、病気になっていたりしていたか
 ・誰が気付いて、近くに誰がいたのか
②てんかん発作の状態
 ・本人の意識はあるか
 ・ぼんやりしていたり、眠っているか
 ・体の震えはあるか
 ・何秒くらい続いたのか
③けいれんがあった時
 ・体のどこが震えていたのか
 ・力を入れたりこわばりがあったか
 ・息をしていたか
 ・声はでていたか
 ・体の左右で差はあったか
④発作後の様子
 ・ケガをしていないか
 ・呼吸はできているか

発作が終わったら、無理に起こしたり、水を飲ませたりはしない方がよいです。回復するまでは回復体位を取って、再度発作がないようそばで付き添ってあげましょう。

てんかんが頻発する場合などにはスマホで動画撮影をして、それを医師へ見せて判断を仰ぐなど、わかるように記録をしておくことをお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)